読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Programming log - Shindo200

イベント参加記録とプログラミング系の雑記

Linux の基本を学びました

フィヨルドインターン学習週5日目に Linux の基本を学びましたので、まとめてみます。

用語の整理

カーネル

CPU やメモリやキーボードといった、ハードウェアと直接やり取りする機能を持ったソフトウェアをカーネルと呼びます。

ユーザランド

ファイル操作コマンドやシェルといった、OS を動かすために必要なソフトウェアをユーザランドと呼びます。

カーネルユーザランドを組み合わせて一つにしたソフトウェアをオペレーションシステム(OS)と呼ぶそうです。そして、Linus Torvalds という方が開発したカーネルLInux カーネル)を用いた OS のことを Linux と呼ぶそうです。

参考: Linux 標準教科書

備忘録

VirtualBox 上にインストールした DebianSSH で接続する

VirtualBox の設定

Host-only Networks(ホスト OS からゲスト OS に接続するためのネットワーク?)を作成します。
f:id:Shindo_Masaya:20140507132916j:plain:w400
ホスト OS の IPアドレスを設定します。(初期値で大丈夫そうです。)
f:id:Shindo_Masaya:20140507132928j:plain:w400
ゲスト OS は固定 IP アドレスにしてもいいのですが、学習用途では DHCP で良いと思いますので、DHCP を使うことにします。IPアドレスの範囲は適当です。
f:id:Shindo_Masaya:20140507132939j:plain:w400

ゲスト OS の設定
$ sudo vi /etc/network/interfaces

以下を追記します。(eth1 の部分は、先ほど追加した Host-only Networks のインタフェース名になります。)

auto eth1
iface eth1 inet dhcp

設定を読み込みために再起動します。

$ sudo /etc/init.d/networking restart

これで設定は完了です。ホスト OS に sshd がインストールされていれば、SSH で接続できます。

思っていたより簡単に設定できましたが、やはり Vagrant とか使ったほうが楽ですね。