読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Programming log - Shindo200

イベント参加記録とプログラミング系の雑記

ぐんまRuby会議01に参加してきた

2013年3月9日に開催された『ぐんまRuby会議01』に参加してきました。
ぐんまRuby会議01のキーワードは「puts "Hello, World"」で、Rubyコミュニティに関わり見てきた世界観を語り合うことをテーマにしたカンファレンスでした。

気になった発表

Mad Web Programmer - Yuguiさん

『初めてのRuby』の執筆や、Ruby1.9.1から1.9.2のリリースマネージャを担当されたYuguiさんの
発表です。性同一性障害をベースに「少数派の人間を例外パターンとして、プログラムを設計することがあるけど、それは良くない」というお話があり、会場からも賛同の声がありました。また、「監視されていない世界(オフライン)のデメリット」や「セカンドライフソーシャルゲームなどのネットの世界の価値」についてのお話もあり、Yuguiさんがそれらの考えを持つのに影響を与えた書籍をスライド内で触れられていました。その中で特に私が気になった書籍をメモしておきます。
吉永みち子 性同一性障害
梅田望夫 Web進化論
「puts "Hello, World"」というテーマでなければ聴くことができないであろう、壮大な発表だと感じました。

プログラマー - 須藤功平さん

プログラミングが好きなのでプログラマと名乗られている須賀さんが、Rubyと関わって見てきた世界観を語られる発表です。須賀さんは、「全てのプログラマが書くコードを綺麗にしたい」という考えで、会社やRubyコミュニティでコードレビューをされています。プログラムが公開されていれば、他の人がコードを見て学んだり、良くないところを直したりできるので、仕事でも出来る限りコードが公開できるように交渉されているそうです。コードを書いていて問題にぶつかった場合は、問題を回避するよりも、原因を探って、原因自体を直したほうが同じ問題でつまづく人をいなくなるので良いというお話がありました。また、ライブラリのソースコードは、自分が使いたいメソッドの部分だけを読めば良いのか、全て読んだほうが良いのかというお話があり、ソースコードは全部読まないと、ライブラリの思想が見えにくいので、全部読んだほうが良いと話されていましたが、「使いたいメソッドの部分だけを読めば理解できるように設計されているのが、良いコードなのではないか」という考えも話されていました。全体を通して、プログラミング愛が伝わってくる発表でした。

サラリーマン - 大場光一郎さん

「エンジニアは世界を変えないといけない」という風潮に一石を投じたいという話から始まり、今までの仕事やOSSとの関わりを大場さん自身で振り返える発表です。「コードを書ければどこでも良い」という考えで会社を選ばない方がいいという話を、大場さんの体験を元に語られていました。また、バズワードは時代とともに消えてしまうけど、いくつか生き残るワードもあるし、消えてしまうワードでも学んでおいて後々役に立つケースもあるので、「バズワードは悪い」とは一概には言えないというお話がありました。バズワードについてはネガティブな意見ばかりだったので、ポシティプな意見を聞けたことに驚きました。ただし、時代ごとにバズワードはたくさん出てきて、全てを学ぶことは難しいので、取捨選択は必要だと思いました。

群馬について

群馬県出身の方の発表がいくつかあったのですが、「群馬の技術力を上げたい」「群馬から世界に技術を提供したい」といった考えを持っていて驚きました。東京では「地元が〜」みたいな話をされる方は滅多にないので、群馬県民の郷土愛を感じました。
ランチには群馬名物である登利平の鳥めし竹弁当をいただきました。薄くスライスされた鳥肉がご飯の上に乗っかっているお弁当で、鶏肉とタレが美味しかったです。
f:id:Shindo_Masaya:20130309112922j:plain:w400
なんとなく東京から群馬は遠いイメージがあるのですが、高崎であれば上野から電車で2時間、新幹線なら1時間くらいでいけるので、全然遠くないです。ただし、「高崎を超えると交通が不便になるので、遠いと感じかもしれない」と群馬県出身の方からお話を聴きました。

最後に

初めての群馬潜入でしたが、ぐんまRuby会議はとても楽しめました。スタッフの皆様、ありがとうございました。